★ナチュラル・バランサー・ワイン

ずっと考えていたことに、明快に「こうしたらどう?」って言われ、それをきっかけに、みんなで話し合って出し合ったのが、この『ナチュラル・バランサー・ワイン』という言葉。

《ナチュラル・バランサー・ワイン》
意味は、
「 自然にバランスをもたらすワイン」
「 自然の調和をもたらすワイン」
「 自然との調和に貢献できるワイン」
などです。

これだけでは、こちらの記事を読んでいただいている方も『?』ですよね。

私(イトウ)が自然栽培の葡萄でナチュラルワインを作ろうと思ったこと、
自然栽培をもっと深掘りしようと考えていたこと、
生態系適合農業などを考えるようになってきたこと、
などが合わさり、
次第に私たちの目指すワインの姿が「ナチュラルワイン」のファンの皆様が考えているものと「ちょっと違うのかも?」という気持ちを感じるようになりました。

そんな時に前述のアドバイスをくださった方から、
「プレミアム・ナチュラル・ワインというジャンルがいいよね〜」
と天の声のようなメッセージをいただきました。

確かに〜!

と一同納得して、いいジャンルをもらったと喜び、それについてじっくり考える時間をとり、自分たちの方針明確にしました。

その話の中で、
・「プレミアム」の場合「ナチュラルワインよりも上」という印象を与えてしまう。
・これまで取り組まれてきた大先輩方に敬意を表するためにもそれは避けたい。
・であれば新たな「基軸」を作り、どちらが上かという縦のヒエラルキー的発想をなくし、横のヒエラルキーにしよう。
・ヴァン・ナチュール、自然派ワインは、「どのくらい健康的なワインであるか?」というのが基軸であろう。
・であれば、我々は、「どのくらい自然の調和もたらすワインであるか?」という新しい基軸にしよう!
・だって、我々の農業は「生態適合農業=生態多様性があることでより良い作物を栽培できる」もの。
・やればやるほど、地球への負荷を和らげられる
・自然とは、あらゆる要素が絶妙にバランスを取り合っている様
だから、と。

ということで、現在のところ、自分たちをジャンル分けすると、
《ナチュラル・バランサー・ワイン》
ということにしようと思います。

おそらく世界でまだうちだけですが・・・。
そのうちついてきてくれる方がいると嬉しい~♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。